東京の鉄商の源流は神田岩本町から日本橋堀留町にいたる幅員10m足らずの
「大門通り」と言われている。 しかし関東大震災以降になると、京橋八丁堀界隈に
鉄商たちが移り始め、やがては神田に劣らぬ鉄野街をかたちづくっていくのである。
その、草分け的な存在として大野宗太郎氏(大野興業創業者)がいる。 
ここには、数多くの名だたる鉄商が育ち、そして巣立ち東京の鉄商の歴史を作って来た。
弊社の創業者である宮田外市も、大野興業の奉公人であった。 宮田外市は戦後
宮田鋼材商会として独立し、その十年後「株式会社宮田鋼材」に改組するのだが
その時に、大野興業の屋号 カネ大 の使用許可を願い出て七番目の暖簾わけとなる
カネ大七の屋号使用の許しを得たのである。

 
     
copyright © 2002. MIYATA-KOZAI Co,Ltd. All rights reserved.designed by hide.Y
http://www.miyata-kozai.co.jp/